グリーフケア

喪失学の本を読みました…「ロス後」をどう生きるか?坂口幸弘先生

喪失学の本を読みました。坂口幸弘先生の喪失学「ロス後」をどう生きるか? です。坂口先生の専門は死生学、悲嘆学です。「喪失のある人生は必ずしも不幸ではない」という、本の帯に書かれていたこの言葉に感銘を受けました。
グリーフケア

没イチとは?「パートナーを亡くしてからの生き方」を学ぶ本の推薦!

没イチとは配偶者を亡くした人を指しています。愛するパートナーに先立たれて、ひとり懸命に生きている人がたくさんいます。小谷みどりさんも突然ご主人を亡くされ、「没イチ」を執筆されました。これは「パートナーを亡くしてからの生き方」を学ぶ本です。
グリーフケア

グリーフケアはいつから受ける?グリーフケアとは?私は本で勉強しました…

グリーフケアはいつから受けるといいのでしょうか?そもそも、グリーフケアとは?主人が病気になり、元々本が好きだったので、私はいろいろなことを本で勉強しました。そこで初めて、グリーフケアという言葉を知りました。
生きる

2020年の11月に主人がガンで亡くなりました

もう、二人で旅行には行けませんが、二人で旅した思い出が45年分あります。ブログに載せているのはほんの一部。旅行の写真を見ると若い主人が写ったりしていて、私のテンションが上がります。
旅行

松島遊覧船のおすすめポイントはかもめ!長崎九十九島も負けてないし…

松島遊覧船のおすすめポイントはかもめです。震災前に遊覧船に乗り、かもめの歓迎を受けました。しかし、長崎の九十九島も負けていません。景観はまさに松島です。昔から九州では長崎の九十九島は有名な観光地ですが、松島に比べて知名度の低さに驚きました。景観はそっくりなんですよ。
旅行

知覧特攻平和会館の感想|手紙と零戦に涙…戦争はやはりだめですね!

知覧特攻平和会館の感想です。鹿児島へ旅行をしたときに、知覧特攻平和会館を訪ねました。第二次世界大戦のとき、特攻隊員として明日出撃命令が出ている青年たちがしたためた手紙が展示してあります。外には零戦がきれいに塗装されて展示されていました。青年たちの心を思うと、自然に涙が出てきました。
旅行

白神山地の天然林は美しかった!ポツンと一軒家並のがけ地をドライブ

白神山地の天然林は美しかったです。東アジア最大級といわれるブナの原生林を誇る白神山地が世界遺産になりました。白神山地のブナの原生林は自然そのもの。二ッ森コースにチャレンジしましたが、ポツンと一軒家並のがけ地をドライブして、ちょっとした恐怖体験をしてきました。
旅行

ヤクスギランドでの服装は?標高1,000mだから金沢くらいの気温です!

ヤクスギランドでの服装は?もちろん、雨が多い地域ですから雨具は必須です。そしてヤクスギランドは標高1,000mくらいだから金沢くらいの気温になります。涼しいんですね。屋久島と言えば縄文杉や白谷雲水峡が有名ですが、ヤクスギランドも同じように美しく、年配の方でも屋久島を充分に楽しめるところです。
旅行

黒川温泉で家族風呂から立ち湯、洞窟風呂まで体験!湯めぐりが人気です

黒川温泉で家族風呂から立ち湯、洞窟風呂まで体験しました。黒川温泉はひなびた温泉地でしたが、湯めぐりが人気の有名な温泉地に変わりました。黒川温泉には2回行きました。初めは温泉手形で湯めぐりをし、2回目は高級旅館で家族風呂を体験しました。筑後川の源流に沿って建っています。
旅行

高崎山のさるの序列は厳しい!伝説のボスサル「ベンツ」を支えたゾロメ

高崎山のさるの序列は厳しいです。高崎山には伝説のボスサル「ベンツ」の遺影が飾られていました。そのベンツが失踪し、再び群れに戻ったとき、ベンツを受け入れそばで守って支えたのが「ゾロメ」です。ゾロメはメスや子ザルにも優しくて人気のあるサルでした。
旅行

七ツ釜の観光遊覧船イカ丸で7つのカマドを並べたような洞くつを探検!

七ツ釜の観光遊覧船「イカ丸」で7つのカマドを並べたような海蝕洞くつを探検しました。佐賀の呼子で透明なイカの刺身を食べて、イカ丸に乗って海を走り、七ツ釜を見学しました。案内人の説明がおもしろく、軽快なトークで船旅も苦ではありません。最近はイカの不漁で困っているらしく、心配しています。
旅行

秋田なまはげ館の体験|伝承館で「親の面倒見が悪い嫁はいねが~」

秋田なまはげ館でなまはげ体験をしました。伝承館では「泣く子がいねが~」が有名ですが「親の面倒見が悪い嫁はいねが~」「カラオケばかり行って、親の面倒をみない嫁はいねが~」を言われたときにはまさしく「ドキッ!」としましたね。カラオケ大好き嫁ですから。
タイトルとURLをコピーしました